粉まみれになりながらもいろいろまねべてよかったです

粉まみれになりながらもいろいろまねべてよかったです

学生時代パン屋で約1年アルバイトをしていました。

とても貴重な経験になりました〜〜

というのも・・・

★腕力がつく

商品となるパンをつくる際には力がいります。

というのも小麦粉をひたすらこねて伸ばすのでまず手先を動かす必要がありますし、できた生地を何百度の熱い窯で焼くので夏には汗ダラダラ。

その生地を載せる鉄板も重いので持つだけで自然と筋力がつきますね。

制服のエプロンもすぐに粉がついて真っ白になっちゃいます。

★暗記能力がつく

パン屋というとかわいい店内でのんびりパンを売る♪というイメージがあるかもしれませんが実際は違います。

何百種類もあるパンの値段をきちんと覚えないといけません。

それも、どれも似たような種類のパンの名称や入っている具材を明確にお客様に聞かれたら答えられるようにしないとレジ業務なんかこなせません。

バーコードだったらどんなに楽だったか。。。

★時間との勝負

お昼から夕方の時刻ならゆっくりオシゴトできたかもしれません。

それ以外の朝や夜の時間帯は必死こいて働いていました。

なぜなら朝は出勤前に昼食のパンを買っていこうとするお客さんで長蛇の列、夜は今日のパンを売れ残らないよう値引きで売るのでこれまた長蛇の列。

気づいたらめっちゃお客さん並んでる!やばい!慌ててレジ打つもこっちも焦るしお客さんもいらつくし。

一人でレジしている時はレジ打ってパンを袋につめてって大変でしたよ。

でもでも、楽しいこともありました☆

★パンが食べられる

ええ、これが一番のメリットです笑

その日に売れ残ったパンは持って帰って食べられます。

また店長からお願いされて試食として新作のパンも食べられました。

自分で買ったパンとかも店長にお願いすれば窯で再度焼いてもらえるのでできたてアツアツのパンを食べられておいしかったです。

★ソフトクリームをまきまきできるスキルがつく

パン屋さんによってはパンだけでなくてジュースとかソフトクリームとかちょっとしたものを売っているところもあります。

ソフトクリームをまきまきするのってコツがいるんですよね。

勢いよくクリーム出てくるけどどうしたらいいのかわかんなくて、きれいに巻けないとかべちゃって下に落っこちるとか。

でも何回も練習できるのできれいにできますね。

食べ放題の店なんかでよくソフトクリームマシンがありますが、その時に家族や友達にきれいなソフトクリームを自慢できちゃいます。

★パンのスキルがつく

食パンの上に何を乗せたらおいしいトーストができるとか、サンドイッチの作り方とか簡単なケーキパンとか色々学べました。

彼氏とピクニックに行った時に作って持っていったら喜ばれました笑

こんな感じでいろいろ学べたパン屋でのアルバイト経験でした。

メニュー

Copyright(C) 2017 バイトは貴重な経験です All Rights Reserved.